投資信託を活用して老後資金を準備する方法

銀行の定期預金の金利が限りなくゼロに近づく中で、会社員などが老後に向けて資金を確保するのが益々ハードな作業になりつつあります。大手企業で働く人であれば十分な退職金を受け取れますが、それ以外の人たちにとっては日ごろから貯蓄を心掛けることが重要です。特に最近では株式の値上がりが著しいために、個別銘柄に投資をして資産を形成したいと考える人も増えています。しかし数ある銘柄の中から対象を絞り込むのは難しいために、株式投資を躊躇する人もいます。そのような場合には投資信託を購入して、バランスの取れた資産運用を行って老後資金を確保する方法もあります。株価指数に連動するインデックスファンドは特に人気が高まっており、各種非課税制度を上手に活用して資産をじっくりと増やすのがブームです。債券指数に連動するインデクスファンドなどもあるので、低リスクで安定した資産運用を行うこともできます。リートで運用する投資信託は、物価と連動して基準価額が上昇するので、インフレのヘッジにも役立ちます。ベルタプエラリア 最安値