休日はリラックスするために山に山菜を求めて

ここ数年とても山菜採りにはまっています。

休みがあれば山へ行き、車が見える範囲又は沢沿いに歩いてその時期の山菜採りにいっています。

20代で山菜採りってとよく言われますが、普段接客の仕事をしている私にとって休日に何も考えず熱中出来ることはすごく充実してるなと感じます。

なによりもその日に収穫した山菜をどう美味しく調理するかまでが山菜採りの醍醐味なので食いしん坊の私にはうってつけの趣味だと思っています。

朝に山へ行って山歩きをしながら山菜を採り、帰って来て調理して美味しくいただくと言うのが最近の休日の過ごし方です。

山菜採りの楽しみ方は、人それぞれかもしれませんが覚えると見るだけで食べれる食べれないがわかるので一人山を歩いていても楽しいです。

体力もつくし、森林浴効果で気持ちがスッキリして、なおかつ旬の山菜を美味しく食べられるので良いことづくしです。

山歩きは危険なこともあるので、本当は一人ではなく複数人で行った方が安全です。

デートの練習台になってくれた友人男性との恋

気になる男の人から1週間後のデートに誘われて、行く前からどきどきしていました。何を話したら良いんだろう、何を着よう、香水はどうしよう、髪形はどうしようなど、いろいろ考えています。
そこで、練習しようと、友人男性をランチへ誘いランチをしました。友人男性には何も言わずに練習に臨んだのですが、やはり相手が違うので、練習というまではいかなかったものの、座り方やうなずき方などを研究しながらランチを楽しみました。食べながら彼の顔を見て話しを聞くこと、自分の意見の言い方やタイミングなどを一生懸命考えながら研究しました。
するとランチをした日の夜、共通の友人から連絡があり好きな人いるのか聞かれ、その翌日には、その練習をさせてもらった友人男性本人から告白されました。なんでもランチをしたときのしぐさやうなずき方がかわいいと思ってくれたそうです。
結局、告白されると彼のことが気になりだして、そのあとに予定していたデートはいったんキャンセルし、練習させてもらった友人男性ともう一度デートをしてみることにしました。告白された後の彼はとても優しく男らしく、どんどん惹かれていって、今ではその彼と幸せにお付き合いをしています。アイフル 店舗