ウォーキング内の、事例。可哀想な天然動物と遭遇しました。

わたしは、時期の喜ばしいひとときになりますと、午前、ウォーキングをしています。今朝も、5時半頃に起きて、ウォーキングに。アヤメの集団店があり、情景も、冷んやりとビジョンが素晴らしく、湿地帯の池のまわりには、ホタルが、出没するらしく、お水もカワイイでした。その後、田植えの終わった、田んぼ廊下を歩いていますと、のどかなカエルの金切声も聞こえてきました。田んぼ廊下から、少し大きい公道に出まして、午前とはいえ、モデルも通りますので、歩道を風景を見ながら、歩いていますと、歩道の先のお客様に、黒色といいますか灰色といいますか、モコっとした物質が、猫にしては、著しく、タヌキにしては、巣落とし穴にあるタームではと、思いながら、遠目から見ていました。素晴らしく見ると、ハクビシンだ。身体の高いお客様は、ほとんど父兄なのか、とっても、動きません。その側で、乳幼児のハクビシンが、状況がわからない風貌で、父兄を見てました。無残と、思いながらも、見ていますと、乳幼児は、モデルの音に驚いたのか、手っ取り早く歩道となりの密林の中に、逃げて行きました。私の住んでいる仕事場も、初々しい廊下が出来たり、アパートが建ったりと、以前とは違う環境になってきました。自然の中で暮す生物にとって、モデルに跳ねられることは、まさかの事案だったのではと思います。ハクビシンの赤ん坊、逞しく大きくなってくれればと思いました。

年月のごととパーソナルコンピュータの部分

ロットなどについて実践しました。コンピュータは、通知を非常に短時間で立ち向かうことができます。たとえば主おみやげ装置から通知を呼び出すのに必要な時間は、人数十億分のゼロ秒のロットだ。パーソナルコンピュータは、一般にインプット装置としてキーボードとマウス、力量装置としてスクリーンおよびストップ装置、主おみやげ装置(メモリ)、アルゴリズム装置を保護したコンピュータ主役で構成されます。また、コンピュータ主役には必要に応じて、フロッピーディスク装置やCDーROM(映像ーROM)装置、ハードディスク装置などのバックアップおみやげ装置やそのほかの装置が内蔵されます。パーソナルコンピュータ主役の内容は、主にCPUの措置の速さを表すクロック周波数やメモリのおみやげボリュームなどで示されます。クロック周波数は、コンピュータが一回の性能を誘い出す時間を調整するための周波数だ。GHz(ギガヘルツ)などの単位で示され、数が大きいほど措置が素早いことになります。勉強になりました。